こんにち Home こんにち◯シルバークラブとは こんにち◯キッズ・クラブとは お問い合わせ
 シルバーご依頼料金
シルバー/お引受け料金
  孤立化を予防し元気をもらえる「モシモシクラブ」  



NPO 活動 「シルバー世代の孤立化」を調和させる支援活動
働く主婦や孤立化に密かに悩めるシルバー世代。その方々のモチベーションを彼らの生活環境の基礎から支援し啓発する「こんにち◯」クラブの地域センター。センターの役割はまさに "ご近所 助け合い草の根" 運動です。

クラブ】
センター
の役割と活動費

● 本活動は最低活動経費を必要としますが、基本的にはボランティア<ご近所相互助け合い活動>です。 
● サボータは定額のお仕事ではありませんし、短時間の要請も多々発生する不定期な活動となります。
● そんなお仕事の依頼でも、一生懸命お困りの方達の要請をサポートしようとする人達が参加して構成され
 ています。
● お困り状況の方と、それを支援しようとする善意方との双方を、登録データ情報を駆使しながら上手に
 紹介し、引き合わせる作業がこの地域センターのお仕事です。
 
このコーディネータの活動は、いわばそのエリア内の仲人役のお仕事とも言えます。
● これはご近所助け合い活動の一環で、最低必要経費を必要とするお仕事ではありますが、本部必要活動費
 の7割をお支払いするように致します。

「こんにち◯」クラブ・センター機能と活動費
  センターの活動費
1) センターのお仕事は、ボランティア活動の一環です
  このセンター役は、その地域の距離感や土地勘が働く方が最適です。困っていても知人や友人、親戚の
  方々がご近所に居ない場合は、この「こんにち◯」クラブが頼れます。こうした状況でのセンター役は
  ボランティア精神でお互いを紹介できるユニークな存在になります。


2) センターは、需給のコーディネーション(仲人役)です
  このお仕事は、働きたい主婦や社会からの孤立化を避けたいシルバー世代と、それらの問題を
  サポートできる世代の人々とのジョイント・メーカーです。

3) センター役は電話とfaxがあれば、ご自宅で出来ます
  殆どが人と人とのアレンジですので、Fax付き電話一本あれば、このお仕事は出来ます。
  もしあなたがiphoneをお使いで、相手の方と一緒にLINEをダウンロードすれば、日本中何処に
  おられても無料で会話が出来ます。
  (詳しくは携帯電話販売店にお尋ね下さい。5分でLINEをダウンロードしてくれます)


4) センターの活動費は、ヘルパーさんへの支払を除くエリア内の処理件数の70%です
  センターの活動費は、ヘルパーさんの活動費を除いた額の70%を本部から毎月末に送金致します。
  不必要な送金手数料などを少しでも軽減させる為に、郵貯銀行に口座を開設して下さい。

5) センターの活動は「こんにち◯」クラブ本部と連携して行います
  「こんにち◯」クラブの地域センターと本部とは、一心同体で活動しなければシステム全体が
  機能しません。お互いに豊かな情報交換を交わしながら、推進したいと思います。

6) エリアの会員数によって、センターの数を増やします
  そのエリアの会員数の増加で処理が難しくなくなった場合や、プライバシー時間の確保を目的に、
  センター数を増やす事ができます。この場合、処理した件数のみの活動費の配分となります事を
  予めご了承下さい

 

 
  「こんにち◯」クラブの運営システム

 ・センター訳をお引き受け頂いた方へは、その担当エリアの必要データを「こんにち◯」クラブ
  本部よりお渡し致します。(秘密厳守/ 守秘義務が発生します)

 ・会員間での「こんにち◯」クラブの支払は、全てプリペイ・チケットで行われています
   会員間の支払は、全てこのプリペイ・チケットで支払われています

  ・「こんにち◯」クラブをご利用なさる方は、先にプリペイ・チケットを本部から購入しています。
  (60枚セット)


  ・不必要な換金料を最小限に止める為に、あなたの郵貯銀行口座のNO.を本部にお知らせ下さい、
   
  ・ヘルパーさんが依頼主から受け取ったお支払いチケットは、必ずサインか印鑑、地域、日時が
  記載されているかをご確認下さい。日時・署名場所等の記載のないチケットは無効ですので、
  ご注意下さい。

  ・このチケットは、作業が終了した担当地域内のヘルパーさん達から送られて来ます。
  
センター経由で本部に送られて来ます。そのチケットを毎月20日に集計して、本部へお送り下さい。

 ・本部よりヘルパーさんへのお支払いは、毎月20日〆の月末に、ヘルパーさんの郵便口座に振り
   込まれます

 ・依頼主とヘルパーさんの間で交通費が発生した場合は、道路運送法に従って、当「こんにち◯」
  クラブでは関与できませんので、予めご了承下さい
  (参考迄に自家用車を使用した場合、1kmに付き200円程度を凡その謝礼基準に提唱しています。また 本件はトラブルを   避ける意味で、始めに当事者同士の合意が必要と思われます)

  ・シルバー世代の会員の場合、と言ってもある程度健康な方々を対象としていますが、無理な
  プランや運動はお控え下さる様、ご指導アドバイスして下さい。

  ・万一不慮の事故や依頼主に体調の変化が起こった場合は、ヘルパーさんの判断で速やかに適切な
  処置を取って頂きますが、念のため依頼主の保護者のご家族や本部にもセンターからへも
  お知らせ下さい。


 ・もしセンターの方がスマホやiPhoneをご利用でしたら、ぜひLINEをダウンロードして下さい。
  LINEを使って、世界中通話が無料になります。

 ・ご不明な点がございましたら、下記の本部お問い合わせセンターへご連絡下さい。

   Mobile :
 090 - 3112 - 3033  (担当 : 白石 智)
   LINE :
   Email :   yb7m-isgr@asahi-net.or.jp  (担当 : 石黒 正範)
  





【シルバー会の作業概要】

ヘルパーさんお仕事
地域センターさんのお仕事
「こんにち◯」クラブ本部

a)
お年寄りのお話し相手や、趣味のお手伝い、お話しをしながらお散歩をしたり、送迎のお手伝いなどをします


b)
シルバー世代と言っても、病人や介護施設でケアーを受けなければならない方を対象にしている訳ではありません。健康な高齢者の孤独化を少しでも緩和させる事が主目的です。

c)
ご自分の話しや趣味を相手にするのではなく、飽くまでご依頼主を主役とした活動をして下さい。

・お話しを聞く
・お話しを誘発する
・趣味のお相手をする
・一緒にお買い物のお手伝い
・一緒にTVの観戦をする
・etc.

これは、ヘルパーさん各自の個性が発揮される活動場面です。

d)
お暇をする時には、必ず依頼主の日時・サイン入りチケットをお受け取り下さい。これを所属のセンターさんに提出します。(コピー・faxでも構いません)

e)
ハプニングや不慮の事故等が発生した場合は、速やかに所属のセンターか「こんにち◯」クラブ本部へ連絡を取ります

a)
これは電話で出来るお仕事です。必要なツールは、電話 / fax(または 携帯電話)だけです

(半径凡そ3〜4キロの範囲で活動するヘルパーさんと、お子さまやお年寄りのお世話を依頼したい方々とのコーディネーション作業を、電話を駆使して行います)

注 : (iPhoneの場合、ヘルパーさんの携帯にLINEをダウンロードして頂きますと、通話は日本全国無料になります)

b)
主なお仕事は、ご依頼会員と、ヘルパー会員との人材・日時調整の調整です。いわば仲人の様なお仕事です

c)
本部よりその地域在住の会員データをお渡ししますので、適切な方を出来るだけ長続きするよう紹介して上げて下さい
(氏名・住所・性別・年令・趣味・要望事項などが記されています)

d)
一日のコーディネータ作業が終了しましたら、サイン入りのチケットを基に、そのデータを「こんにち◯」クラブ本部へFax、またはemailで報告します。

e)
ヘルパーさんからハプニングや事故が発生の連絡が入った場合は、速やかに本部へ報告します

f)
依頼登録した会員数にも依りますが、センター役は最低2名を設定する計画です。お互いに相互の時間的な調整を計りながら、協力・連携し、推進して頂きます。(この場合、個々が処理した人数件数に従っての換算と致します)

a)
「こんにち◯」クラブ全体の作業の流れがスムースに流れているかを管理します

b)
センターからの作業報告を受け、データの集計をまとめます


c)
毎月末、センターから送られた集計を基に、送金します


d)
「こんにち◯」クラブ全体のPR、告知活動を展開します


e)
「こんにち◯」クラブ活動に必要な諸ツールを発行します
(会員証、公式ローカルセンター証明書、リーフレット、コーディネーション・マニュアル etc.)

● 上記詳細は本部発行のマニュアルか、Q & Aをご参照下さい